自己紹介

丹後郷土資料館とは

 京都府立丹後郷土資料館(愛称:ふるさとミュージアム丹後)は、京都府北部における古代から近代の歴史・考古・民俗資料や美術工芸品の調査・研究・保存・展示を行っています。
 各地に残された文化財をとおして、地域に育まれた歴史や文化を知ることによって、ふるさとの歴史を次の世代へ伝えていくきっかけをつくりたいと考えています。

 利用案内も併せてご覧ください。
 

お知らせ

特別展「宮津という地に居城を拵え-地中に眠る宮津城-」 開催中

 

 期間:平成29年10月21日(土)~12月10日(日)
    毎週月曜休館

 
 文化財講座:「甦る宮津城-CGと考古学の共演-」
        10月28日(土)13:30~
        講師:古川 輝夫氏、当館資料課長 森島 康雄
       「ありし日の宮津城の姿」
        11月25日(土)13:30~
        講師:三浦 正幸氏(広島大学大学院教授)
 
 展示解説:10月22日(日)、11月23日(木・祝)
      いずれも13時~
      *文化財講座修了後にも行います

 
 くわしくはこちら
 
 



 
 
 
 
 

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
COUNTER108495