自己紹介

丹後郷土資料館とは

 京都府立丹後郷土資料館(愛称:ふるさとミュージアム丹後)は、京都府北部における古代から近代の歴史・考古・民俗資料や美術工芸品の調査・研究・保存・展示を行っています。
 各地に残された文化財をとおして、地域に育まれた歴史や文化を知ることによって、ふるさとの歴史を次の世代へ伝えていくきっかけをつくりたいと考えています。

 利用案内も併せてご覧ください。
 

お知らせ

       
こども体験教室 受付状況
 
【平成29年7月22(土) 17時現在】

 こども体験教室の受付状況を随時更新していきます。定員に達した体験のキャンセル待ちは受け付けておりませんが、キャンセルが出る場合もありますので、キャンセルが出たタイミングで申し込みがあればご参加できます。当日まで申し込みが可能ですので、お問い合わせください。
 
 …受付中  …残りわずか  …定員に達しました

 
 鏡(カガミ)作り 定員:20名

  ③8/12(土)10:00~11:00・・・・・

  ④8/12(土)13:30~14:30・・・・・


 勾玉作り 定員:30名

  ③8/ 9(水) 9:30~11:30・・・・・

  ④8/ 9(水)13:30~15:30・・・・・


 銭(ゼニ)作り 定員:20名
  ①7/26(水)10:00~11:00・・・・・

  ②7/26(水)13:30~14:30・・・・・

  ③8/ 5(木)13:30~14:30・・・・・

  ④8/19(土)10:00~11:00・・・・・

  ⑤8/19(土)13:30~14:30・・・・・


 そばを作ろう(全4回)定員:30名・・・・・

 和凧を作ろう(全2回)定員:20名・・・・・

 月曜日は休館のため申込受付及びホームページの更新は行いません。
 
 こども体験教室の詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。
 

お知らせ

夏季企画展 開催中

 
 夏季企画展「イクメン世代に伝えたい 子育て文化遺産」を開催しています。

 期間:平成29年7月15日(土)~9月3日(日)
    毎週月曜休館(7月17日は開館し、18日休館)

 文化財講座:「童(わらは)をカミと信じた日本人-子ども史の一断面-」
       7月29日(土)13:30~
       講師:花園大学 教授 芳井 敬郎氏

        「イクメン世代のジレンマ」
       9月2日(土)13:30~
       講師:丹後郷土資料館職員 青江 智洋

 展示解説:7月16日(日)、8月13日(日)
      いずれも13時~
      *文化財講座修了後にも行います

 くわしくはこちら
 
 夏季企画展
 

お知らせ

             
ぶらり丹後 開催します 

 昨年度よりスタートした企画「ぶらり丹後」を、今年度も開催します。前回と季節を変えて、府中、宮津城、橋立を散策します。事前申込不要、参加無料です。おなじみの場所の新たな魅力を発見しませんか?
 くわしくはこちら
 
 
 
 
 

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
COUNTER101293