交通アクセス 事務室より PTA・同窓会 サイトマップ リンク
学校案内 学科紹介 学校生活 部活動 進路情報 入学案内
     Topics
男子ホッケー全国選抜出場
 
12月18日(日)に開催された近畿
 予選の結果、男子ホッケー部が
 3月下旬に岐阜県で開催される全
 国高等学校選抜ホッケー大会に
 出場する事が決定しました。今
 後ともご支援よろしくお願いし
 ます。



英検受験料交付制度
 京丹波町は、須知高校教育活性化
 推進協議会を通じて、実用英語技
 能検定試験準2級以上を受験する
 須知高校生に受験料全額を一人当
 たり年1回交付する制度を開始しま
 した。このような制度は京都府内の
 公立高校では本校だけです。



平成29年度用 学校案内


須高通信
平成28年度第1号
平成28年度第2号
平成28年度第3号

平成28年度第4号

平成28年度第5号
平成28年度第6号


平成28年度校長挨拶
平成28年度学校経営計画中間報告
須知高校いじめ防止基本方針
警報発令下の授業について



Future Farmers of Shuchi (FFS)
食品科学科の取組を紹介していきます。
平成28年度は第19号まで発行中です。



東日本大震災復興支援

 本校の生徒会は、震災が起こった3月11日を忘れないために、毎月11日前後に募金活動を行っています。写真は現生徒会役員です。
 
 

 須知高校では、「東日本大震災」支援の取組として、福島県立相馬農業高等学校との「絆プロジェクト」を進めています。


3月17日第3学期終業式

 第3学期終業式を行いました。校長式辞および各分掌部長講話の後に伝達表彰を行いました。さらに、3月下旬に岐阜県で開催される全国高等学校選抜ホッケー大会に京都府代表として出場する男子ホッケー部の壮行会も行いました。顧問の野々村指導教諭から情勢報告と決意のことばが述べられ、生徒代表の決意表明がなされた後に生徒会会長から激励と花束贈呈がありました。健闘を期待します。







同志社大学・京都地裁見学

 3月16日(木)に1年生、2年生の希望者で、京都市内の京都地方裁判所と同志社大学の見学に行きました。普段は訪れる機会のない裁判所内部を見学したり、同志社大学のアメリカンゴシックの校舎やチャペル内に入ったりするなど、有意義な1日でした。


同志社大学のチャペル内部


同志社大学クラーク記念館前



2年生対象インターンシップ

 3月15日(水)・16日(木)の2日間、地元京丹波町の事業所や介護施設の協力で、2年生を対象としたインターンシップを実施しました。京丹波町の企業や施設を知り、職業選択の可能性を考える機会を就職を希望する生徒たちに持ってもらう事を目的に企画された行事です。一生懸命にに取り組む生徒たちの姿が頼もしく感じられました2日間でした。ご協力頂いた事業所や施設の皆さま方、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。








3月14日地域探究ゼミ

 3月14日(火)にスプリングセミナー地域探究ゼミで、「京丹波町塩谷古墳と埴輪について」の学習を行いました。本校卒業生で京丹波町教育委員会に勤務されている山下泰さんから京丹波の古代についての講義を受けた後に、現地でフィールドワークを行いました。下の写真は国内でも珍しい「巫女埴輪」が出土した5号墳の墳丘です。生徒たちは地元にも貴重な遺跡や遺物が存在することに興味を抱いたようでした。




京丹波町スポーツ賞・文化賞

 3月11日(土)に京丹波町中央公民館で、平成28年度京丹波町スポーツ賞・文化賞の表彰式が行われました。本校からは男子ホッケー部がスポーツ賞の優秀賞、食品科学科3年生石田天希さんが文化賞個人の部、食品科学科農業クラブが文化賞の輝き賞を、それぞれ受賞しました。男子ホッケー部は3月末に岐阜県で開催される全国選抜大会に出場します。




3月10日義援金活動の取材

 本校の生徒会は毎月11日前後に、2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援のための義援金活動を行っています。本校のように長期間継続的に義援金活動に取り組んでいる高校は珍しいようで、今回は京丹波町のケーブルテレビと京都新聞社から取材を受けました。今後も義援金活動を続けて行く予定です。


京丹波町のケーブルテレビからの取材


京都新聞社の取材を受ける生徒会長


3月1日卒業式

 第69回卒業証書授与式を挙行しました。京丹波町松本教育長様をはじめ多くの来賓の方々に御出席いただき、厳粛な式典を執り行うことができました。須知高校の教育活動に御高配くださいました保護者や地元の皆様方まことにありがとうございました。67名の生徒が名残惜しい学び舎を巣立って行きました。また各種団体等からのべ20名の卒業生が表彰されました。
 式後は保護者も交えた最後のホームルームで、担任から一人一人の生徒に卒業証書が手渡されました。ある担任からは、「30歳になった時の自分を想定して、毎日コツコツ精進してみよう。」と、はなむけの言葉がありました。

  校長式辞はここをクリックしてください。


卒業証書授与


卒業生答辞


最後のクラス写真


2月23日京都大学見学

 第1学年全員で京都大学を見学しました。午前中は大学での学問研究について講義を受けた後、農学部の農場を見学し、構内の学生食堂で昼食を摂りました。午後は貴重な展示物がたくさん所蔵されている総合博物館を見学しました。高校卒業後も自分の興味や感心のある分野の仕事を究めたいという思いを強めた生徒もいました。








2月23日高大連携事業

 2年3組の国語の授業で「妖怪を通してみる日本の歴史と文化」というテーマの高大連携事業を実施しました。京都学園大学人文学部歴史文化学科の佐々木高弘教授をお招きして、グループ研究の発表にコメントと解説をしていただくという形式で講義をすすめました。「明智光秀から探る御霊」「怨霊伝説にみる当時の日本人の思想」「歌川国芳『相馬の古内裏』」の3本の発表はどれも力作で水準の高いものでした。佐々木先生は、歴史地理学の手法で妖怪研究に取り組まれていて、『京都妖怪案内』などを著されています。




2月22日キャリアアップ講座

 2年生全員を対象にキャリアアップ講座を実施しました。就職希望者には、京丹波町や京丹波町産業ネットワークの協力で地元企業の経営者や現場で活躍されている皆さんをお招きして講演をしていただきました。「地元にこんなすばらしい企業があるんだということを知ったうえで、自分の将来や進路の可能性を考えてほしい。」という熱い思いのメッセージをいただきました。進学希望者には、外部講師の方の実体験をもとにして、自己の進路適性を正確に認識して後悔しない進路を選択することについての講演が行われました。






高校生論文コンテスト

 京都学園大学経済経営学部が開催した「高校生論文コンテスト2016」の結果発表がありました。今回のテーマは「地域の未来を創るっ−私と経済−」でした。本校1年3組田中茉己さんが優秀賞、1年3組小山玄慈君が佳作を受賞しました。また、本校は昨年度に引き続き学校賞も受賞しました。




二年生三学期は三年生零(ゼロ)学期

 二年生学年団では、「二年生三学期は三年生零学期!」をスローガンに、進路意識を涵養しています。進学に関しては、センター試験早期対策模試の受験やサタデースクールでの京都大学大学院生によるセンター試験英語の問題解法講座や座談会を行いました。就職指導では、口丹波勤労者福祉会館で実施された就職ガイダンスや 校内ではキャリアアップセミナーを予定しています。


センター試験早期対策模試受験中


京都大学大学院生との座談会


2月5日京都フロンティア校合同発表会

 2月5日(日)に京都学園大学京都太秦キャンパスで、スペシャリストネットワーク京都校・京都フロンティア校合同発表会がありました。京都府下29の高校がそれぞれの学校の特色ある取組を発表し情報を共有しました。本校は京丹波町活性化のために学校林「ウィードの森」を活用した観光プランを発表しました。他校の発表や意見にふれることでプレゼンテーション力やコミュニケーション力に磨きがかかりました。




1月24日課題研究発表会

 食品科学科で課題研究発表会を実施しました。3年生の生徒達が8グループに分かれ、自分達で設定したテーマについて様々な手法で取り組んだ研究発表の水準はかなり高いものでした。1年生、2年生達は、先輩達の発表に真剣に聴き入っていました。


ウィードの森整備計画


壬生菜の漬け物とゴーヤジャムの加工


1月23日理科講演会

 3年生の生物の授業で日吉町在住のアメリカ人ジェイミー=ドゥワイヤーさんを招いて「環境との共生を考える地域づくり」と題した講演会を実施しました。ジェイミーさんから、「高校卒業後、地球環境保全の取組、環境に負荷のかからない地域や街づくりをどのように展開していけばよいのか?」を具体的に提案していただきました。






1月20日オリ・パラ推進事業

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを念頭に置いたホッケー教室が開催されました。リオデジャネイロオリンピックホッケー女子日本代表監督の永井祐司さんの講演の後、東京オリンピックターゲットエイジ代表候補の3名の女子選手による実技指導がありました。実技指導を受けた本校ホッケー部員・蒲生野中学ホッケー部員・瑞穂中学ホッケー部員たちは、チャレンジや努力することの大切さに加え、国際的な視野に立って活動することの素晴らしさを学びました。






1月10日センター試験激励会

 1月14日(土)、15日(日)に実施されるセンター試験受験者の激励会を行いました。校長から「人生の大きな節目となる大学受験に際して、自分を支えてきてくれた保護者に感謝する気持ちを忘れずに、自分の力を信じて全力を出し切るように。」という趣旨の激励がありました。進路指導部からは体調の整え方や必要事項の再確認などの説明がありました。生徒の自己採点と様々なデータをもとに担任・進路指導部と綿密な面談を繰り返して出願大学を決定していきます。




1月10日第3学期始業式

 第3学期始業式を行いました。式終了後に伝達表彰を行いました。今回は、高校生のキャリア生活文で「食品を通して」と題した作文で全国最優秀賞に選ばれた食品科学科3年1組石田天希さんなど7名の生徒が表彰されました。




12月20日「冬のセット」お届け

 第2学期終業式終了後に、食品科学科の生徒たちが京都府教育委員会や地元機関を表敬訪問しました。訪問先では「冬のセット」をお届けしたり、地元の公共機関には授業で制作した門松を設置しました。


京都府の小田垣教育長と食品科学科の生徒達


京都府園部総合庁舎


12月20日第2学期終業式

 第2学期の終業式を行いました。校長の式辞の後、各部長の講話がありました。式終了後に伝達表彰を行いました。今回は京都新聞朝刊の「凡語」欄でも好意的に紹介された京都丹波観光プランコンテストで京都府知事賞を受賞したグループや農業クラブ関係、部活動関係、各種検定試験合格などのべ21名の生徒が表彰・紹介されました。




男子ホッケー部全国選抜出場決定

 12月18日(日)に和歌山県で開催された近畿予選の結果、男子ホッケー部が第3位の成績を収め、3月下旬に岐阜県で開催される全国高等学校選抜ホッケー大会に京都府代表として出場する事が決定しました。少ない部員数で地道に練習に取り組んできた成果があらわれました。今後ともご支援よろしくお願いします。




12月14日食品科学科ケーキ作り

 食品科学科3年生穀物加工専攻の総合実習の授業でXmasケーキを作りました。テキパキと手際よく取り組み、短時間で素晴らしい出来栄えのケーキが完成しました。






12月13日センター試験ガイダンス

 来年1月14,15日に実施される大学入試センター試験のガイダンスを行いました。進路指導部の担当教員から受験生ごとに受験票が手渡された後に、注意事項について説明がありました。受験当日まで一月です。志望校合格のために、健康面に留意しつつ、受験勉強に励むことが期待されます。




地元小学生が須知高校で体験学習

 12月7日(水)に丹波ひかり小学校6年生の児童が須知高校を訪問しました。視聴覚教室で須知高校の沿革や小学校と高校の違いなどを聴いた後に、本校2年の生徒が学校林(ウィードの森)を案内しました。


本校教員が小学校と高校の違いを説明


本校2年生が学校林を紹介


地元中学校で学習指導

 12月に入ってから須知高校の教員が蒲生野中学校へ出向いて学習指導を行っています。5日(月)には数学科の教員が中学3年生に公立高校入試対策の授業を行いました。




「鍵-1グランプリ」優秀賞獲得

 中高生の規範意識の向上と防犯意識を高めて自転車の鍵かけの習慣化を図り、自転車の盗難被害防止を目的に京都府警察本部の主催で開催された「鍵-1グランプリ」(自転車鍵かけイラストコンテスト)において、1年1組の岩嵜未来さんが応募総数807作品の中から優秀賞に選出され、11月13日(日)に京都府公館で表彰式に臨みました。


中央で起立している生徒の左端が岩嵜さん


11月26日サイエンスフェスタ2016

 11月26日(土)に亀岡市教育研究所の主催でガレリアかめおかで「地域ふれあいサイエンスフェスタ2016」が開催されました。本校からは1年3組の女子生徒達が「分子模型を作ってみよう」のコーナーで参加協力しました。会場は、自然科学に興味関心をもつ親子連れで賑わっていました。




11月26日PTAお菓子作り講習会

 PTA主催でお菓子作り講習会を実施しました。京都製菓技術専門学校より講師の先生方に来校していただきました。保護者・教職員・生徒たちが参加して、素晴らしいケーキができあがりました。クリスマスケーキ作りにも応用できそうです。






男子ホッケー部近畿予選出場決定

 11月20日(日)、23日(水)に行われた京都府高等学校ホッケー選手権大会において、男子ホッケー部が立命館高校、大谷高校を下して優勝し、近畿予選へと駒を進めました。近畿予選の上位3校が3月に行われる全国大会へ出場することができます。皆様方の応援もよろしくお願いします。




11月17日校内ロードレース

 天気が危ぶまれましたが、無事に校内ロードレースを開催することができました。男子18q、女子15qを基準とするコースに全学年がチャレンジし、大きな怪我もなく、参加者全員が制限時間内に帰着することができました。沿道で声援を送ってくださった皆様ありがとうございました。


スタート


竹野小学校前


沿道の応援


11月11日収穫感謝祭

 須知高校の原点を想起するべき収穫感謝祭が厳粛に挙行されました。授業や実習で原材料となった家畜を供養するだけでなく、農場のすべての生産物に感謝する式典の後、食品科学科の生徒たちが育てた農作物の味をしっかりとかみしめる恒例の昼食会も行われました。






11月10日茶道体験

 京都府の高校生伝統文化事業の一環として、2年生全クラスが茶道体験を行っています。「一期一会」や「守・破・離」といった、日本の伝統文化に共通する理念を聴いてから、実習に取り組みました。慣れない正座も無難にこなし、日本の伝統文化の一端に触れることができました。




11月7日開校記念講演会

 11月1日は須知高校の開校記念日です。本校の卒業生を講師として講演会を実施することが恒例となっています。今年は、京丹波町商工観光課企業立地推進係長の山下稔氏による「京丹波町職員として、まちづくりにかける情熱と挑戦」と題しての講演でした。山下さんの高校・大学時代のホッケー部の様子や現在取り組まれているお仕事について、具体的に熱く語っていただきました。毎年、先輩方の講演から元気をいただくことが多いです。




11月2日人権講演会

 京都大学名誉教授で世界人権問題研究センター客員研究員の上杉孝實先生をお招きして人権講演会を実施しました。個々の人間がそれぞれの人間関係を強くすることによって地域社会が強化され、地域社会が強化されることでお互いの基本的人権が尊重されるという話を、教育学的な観点から講演していただきました。学術的な内容でしたが、最後まで集中して聴くことができました。


生徒会役員から上杉先生へ花束贈呈


10月23日須高感謝祭

 京丹波●食の祭典2016と共同開催で須高感謝祭を実施しました。今年度もチーム須知の全生徒・教職員総動員体制で臨みました。京都府教育委員会小田垣勉教育長様、京丹波町教育委員会松本和久教育長様をはじめ3,100名もの来校があり、日頃の本校の学習成果や高校生活の様子を披露でき、生徒たちにも良い経験となりました。御来校いただきました皆様及び準備・運営に携わっていただきました皆様方にお礼申し上げます。ありがとうございました。


小田垣・松本両教育長に説明する本校生徒


オープニングの和知太鼓


野菜収穫体験


バター加工体験


PTAの方々による黒豆うどん


10月19日2年生進路分野別説明会

 2年生対象に具体的な希望進路(就職・進学)に応じた進路分野別説明会を行いました。それぞれ、大学・短期大学・各種専修学校の教職員の方々から将来の職業を踏まえての詳細な説明をしていただきました。高校卒業後の自分のあり方、生き方を深く考える機会になりました。






10月15日味夢の里で実演

 食品科学科の生徒たちが、味夢の里で須高クッキーづくりの実演とクッキー・須高ヨーグルティの販売を行いました。地元の方々だけでなく家族づれの観光客からも好評を博していました。




京都丹波美術工芸教育展

 10月に開催された京都丹波美術工芸展において、本校3年2組の前川徹君が美術の授業で制作した「星に光を」が京都新聞賞を受賞しました。本校は昨年度も参加作品が京都新聞賞を受賞しています。




10月11日パートナースクール事業

 和知中学校・須知高校・京都大学の中・高・大の3校種によるパートナースクール事業を実施しました。今回は、檜(ひのき)の年輪観察に取り組みました。年輪と歴史上の出来事を重ねながら、自分達が生まれる以前の社会について会話がはずんでいました。






10月11日生徒会震災義援金活動

 10月4日の生徒会役員選挙で選出され発足した生徒会新執行部メンバーが「東日本大震災復興支援」の目的で、毎月11日に継続的に取り組んでいる義援金の募金活動を行いました。




10月5日1・2年全員模試

 1・2年生全員がそれぞれのコースに応じて「学力診断テスト」を受験しました。このテストの結果などを元にして個別面談を繰り返すことによって、希望進路の実現を目指します。




オーストラリアからの高校生

 10月3日(月)〜7日(金)の日程で、オーストラリアのホークスベリー市から5名の高校生がやってきました。1年生の各クラスに所属し、一緒に授業を受けたり、学校行事に参加するなど、お互い異文化理解を体験しました。


学校長の案内でウィードの森を見学


調理実習


理科実験


10月4日生徒総会

 10月4日4限に生徒総会を行いました。生徒会役員に立候補した生徒の演説と応援演説の後、ただちに投票を行い、新役員が決定しました。総会後には須高英検の合格者表彰を行いました。




9月23日須高祭(体育の部)

 台風のために延期されていた須高祭(体育の部)を9月23日に実施することができました。生徒だけでなく、例年のように教職員や保護者も参加して大いに盛り上がりました。本校は学年対抗形式で実施していますが、今年は2年生が昨年度の1年次に続いて2年連続で優勝しました。閉会式後にはクラスや学年団で記念写真を撮影しました。


選手宣誓


男子リレー


大縄跳び


ゴールイン


9月13日就職激励会
 9月16日から全国一斉に高校生の就職選考が解禁されます。学校紹介で就職する生徒の激励会を実施しました。校長から自身の経験に基づいた心構えについて講話がありました。



9月5日・6日須高祭(文化の部)

 9月5日・6日と須高祭(文化の部)を実施しました。各クラスが工夫を凝らした大型パネルを校門前の銀杏並木に展示し、体育館で演劇を発表しました。また、音楽や美術の授業成果の発表や文化系クラブの展示発表も行われました。


2年3組パネル(優勝)


3年1組演劇「合コン」(優勝)


2年1組演劇「童話裁判」(第2位)


2年3組演劇「ももたろさん」(第3位)


教員劇「Gyudon Go〜それぞれのリスタ〜」


8月29日第2学期始業式

 第2学期始業式を実施しました。校長式辞と各部長講話の後に恒例の伝達表彰を行いました。食品科学科農業クラブ関係、全国高等学校総合文化祭関係、各種検定試験合格者など、のべ44名の生徒たちが表彰されました。 


校長式辞


伝達表彰


8月6日中学生体験セミナー

 中学3年生とその保護者を対象に体験セミナーを実施しました。口丹波地域だけでなく、京都市内からも参加者がありました。午前中には学校説明と授業体験及び本校を卒業した大学生などによる座談会、午後からは部活動を体験しました。学校説明では本校の3年生が充実した高校生活を送っている様子を紹介しました。


植物の葉でしおりを作る


バター作り体験の様子


卒業生の座談会


吹奏学部体験


8月5日スイカの収穫実習

 食品科学科1年生が、実習で栽培していたスイカの収穫を行いました。大きく育てたスイカにみんな大満足の様子でした。10sを超えるスイカもいくつかありました。




7月30日 男子ホッケー部 「2016 全国高等学校 ホッケー選手権大会」

 高校日本一を決定する全国高等学校ホッケー選手権大会第1回戦は7月30日(土)にコカ・コーラウエストスポーツパーク(鳥取県鳥取市)で行われました。対戦校は強豪校である岩手県立沼宮内高等学校でした。前半戦は接戦で2対2の同点で折り返しましたが、後半戦は沼宮内高校の勢いが勝り、2対6で敗戦しました。試合当日は遠方にも関わらず、多くの方々から応援いただき、誠にありがとうございました。










7月20日 第1学期終業式 

 第1学期終業式を行いました。式後に7月末から鳥取県で開催される全国高校総体(インターハイ)に出場する男子ホッケー部の壮行会を行いました。監督の野々村指導教諭や生徒代表が決意表明を行いました。善戦が期待されます。


校長式辞


代表生徒による決意表明


食品科学科の実習

 7月11日には食品科学科1年生がトウモロコシの収穫を行いました。採れたてのトウモロコシを試食したところ、思ったよりも甘いと感じた生徒が多かったようです。7月13日には2年生が外部講師の指導でトリマーの実習を行いました。犬は人間の思ったように動いたりじっとしたりはしないので苦労していましたが、手際良く作業される講師の先生に感嘆していました。


トウモロコシの収穫中


採れたてのトウモロコシを試食


トリマーの講習中


7月12日 野球部「夏の大会」

 今年も全国高等学校野球選手権京都大会の季節がやってきました。須知高校は7月12日(火)に太陽が丘球場で洛西高校と対戦しました。選手たちはそれぞれの想いを胸に精一杯頑張りましたが、16対2で敗退してしまいました。試合当日は天候が悪いにも関わらず、多くの方々が応援してくださり、誠にありがとうございました。








7月9日 「京竹茶」開発

 2012年度から3年生の「情報の管理と表現」や「広告と販売促進」の授業で取り組んできた「京竹茶」がこのたび完成しました。京都の煎茶や水を原材料にしたペットボトル飲料で、500_g入りで、税抜き価格は200円です。「京丹波味夢の里」で販売しています。


「京都新聞」の取材も受けました。




沖縄研修旅行 最終日

 研修旅行最終日、9時頃ホテルを出て、儀保駅から牧志駅までモノレールで向かい、9時30分頃国際通りに到着しました。生徒は12時頃まで班別で自由散策をしました。空港までは再びモノレールで向かいました。14時頃那覇空港を出発して、16時頃無事に伊丹空港に到着しました。空港からはバスで移動しました。学校には、ほぼ予定通りの時間に全員無事で帰着しました。


モノレールで移動


国際通りの自由散策


伊丹空港に到着


沖縄研修旅行 3日目

 研修旅行3日目、全員民泊体験、離村式を終えて、10時のフェリーで本島に戻りました。昼食は琉球城蝶々園でとり、その後、美ら海水族館を見学しました。生徒は珍しい魚に思わず、見とれていました。水族館の見学後、嘉数の丘に向かい平和の式典を行いました。そして、最後の研修地である首里城に17時頃に到着し、見学をしました。18時頃、ホテル日航那覇グラウンドキャッスルに無事到着し、夕食をとった後、学年レクレーションを行いました。


伊江島を出発


慰霊の式典(嘉数の丘)


首里城


沖縄研修旅行 2日目

 研修旅行2日目は、フェリーに乗り伊江島に移動。大きな横断幕と伊江島の踊りに迎えられ、2日間お世話になる民泊家庭の方と対面しました。昼食は各家庭でごちそうになり、午後130分に水着に着替えて、伊江ビーチに集合。インストラクターの丁寧な指導を受けて、バナナボート、シュノーケリングを体験しました。バナナボートでは、振り落とされる生徒もいましたが大きなケガをする人も無く、全員元気に海の体験を実施することができました。その後は、再び民泊家庭に移動し、それぞれの民泊家庭で一晩を過ごしました。


マリン学習


バナナボート体験


シュノーケリング体験


沖縄研修旅行 初日

 6月21日(火)研修旅行1日目、朝 集合時には小雨模様でしたが、伊丹空港では雨も上がり、搭乗手続きも順調に進み、那覇空港到着。気温は32度ぐらいですが、湿度が高い。でも、そんな蒸し暑い中でも、全員元気にひめゆりの塔とガマ体験をしました。そして、1日目のホテルに到着しました。夕食はバーべキュー。各クラス、男女とも協力しておいしくいただきました。


出発


ひめゆり資料館


轟ガマ


6月11日 京都丹波観光講座

 6月11日のサタデースクールは、地域観光プロデュースセンターの吉見精二氏をお呼びして「地域ならではの魅力を活かしたニューツーリズム&着地型観光の未来可能性」というテーマで講義していただきました。生徒たちは毎年参加している「観光甲子園」の参考にするために、熱心に聴き入っていました。




6月9日 サツマイモ植え付け

 6月9日にサツマイモの植え付けを行いました。日頃の学習成果を地元に還元する取組の一貫として、須知幼稚園の子どもたちに本校生徒が植え付け指導を行いました。






6月5日 京都丹波高校合同説明会

 亀岡市のガレリアかめおかで、京都丹波高校合同説明会が実施されました。それぞれの高校が工夫を凝らした説明を行っていました。本校は生徒が中心となった形式で、生徒が中学生や保護者の方に説明を行い、好評を博していました。








5月25日 1学期中間考査直前

 5月27日(金)から1学期中間考査が始まります。職員室前の学習スペースでは教員に質問したり、解法のアドバイスをしてもらっている生徒が見受けられます。




5月25日 1年生進路学習

 1年生が本校に入学して最初の進路学習を行いました。学年部長が高校生活全般の心構えについて講話をしたのちに、教務部長が科目登録の説明、進路指導部長が高校卒業後の進路に関する説明を行いました。今後も希望進路に応じたきめ細かい進路学習を予定計画しています。






5月17日 台湾の高校生との交流

 台湾台南市にある国立曽文高級農工職業学校、国立善化高級中学の生徒16名が研修の一環として来校しました。食品科学科の生徒達とともに、農場や学校林の見学を行いました。






5月16・17・19日  食品科学科田植え実習

 食品科学科全学年が田植え実習を行いました。1年生は16日に手植え、2、3年生は17日・19日に機械も使用して実習に取り組みました。1年生のほとんどの生徒は初めて裸足で田んぼに入って田植えを体験しました。


1年生の実習風景


5月14日 土曜日の須知高校

 今週のサタデースクールは全学年とも問題演習に取り組むなど座学形式で行いました。3年生はセンター試験を念頭に高度な問題に取り組んでいました。また、グラウンドでは、硬式野球部が農芸高校と練習試合を行っていました。1年生部員も入部し、夏の大会目指して全員が一丸となって励んでいます。さらに、食品科学科の生徒達は、道の駅「京丹波味夢の里」で販売実習等を行いました。天候も良く、多くの観光客で賑わっていました。


3年生の生物


野球部の練習試合


味夢の里


5月11日 生徒総会

 今年度最初の生徒総会を行いました。生徒会役員による活動報告の後、27年度決算報告と今年度予算案が賛成多数で承認されました。生徒総会後は本校の英語科が過去の英検の問題を参考に作成して実施している「須高英検」合格証の授与を行いました。6月の英検本番に向けて、英語力に磨きをかける決意をあらたにしました。






5月5日 京丹波森のぶるぶ

 本校の学校林(ウィードの森)でヒノキの伐採やウイードの森見学ツアーなどを楽しむ「京丹波森のぶるぶ」を開催しました。このイベントは、全国高校生観光甲子園で入賞した本校生徒のプランをもとに、昨年度から実施しています。地元を中心に36名の家族連れの参加がありました。体験ツアー後には、食品科学科の生徒達による須高Cafeが開店されました。






5月2日 球技大会

 新入生歓迎の球技大会を行いました。学年やクラスの仲間意識を高め、生徒間の交流を深めることができました。






4月28日  熊本地震義援金活動表敬訪問

 本校と地元3中学が行った熊本地震義援金活動に寄せられた皆様の浄財を京丹波町を通じて被災地に届けるために、京丹波町役場を表敬訪問しました。短期間で多くの義援金が寄せられました。御協力ありがとうございました。




4月18日 熊本地震義援金活動

 4月14日以降、熊本県一帯で断続的に発生している熊本地震の被害に遭われた方々に少しでも役立てていただこうという趣旨で、本校と地元3中学校の生徒会役員が京丹波町の商業施設で義援金活動を行いました。短時間でしたが、多くの義援金を頂く事ができました。御協力ありがとうございました。早速、関係機関を通じて、被災者の方々にお届けいたします。






4月18日 生徒会オリエンテーション

 1年生を対象に生徒会オリエンテーションを行いました。生徒会活動や部活動に参加して有意義な高校生活を送ってほしいという、先輩からのメッセ―ジをこめて、生徒会役員や各クラブの紹介がありました。




4月16日 サタデースクール開講式

 本年度も全学年の難関大学進学希望者を対象にサタデースクールが開講されます。初回は校長による講話の後、各学年ごとに問題演習等に取り組みました。


校長講話


1年生の数学


4月14日 農業クラブ入会式

 食品科学科1年生の生徒が農業クラブに入会しました。農業クラブは全国の農業学科で学ぶ高校生全員が加入している組織です。入会式の後、2,3年生の役員が農業クラブの活動内容や農業検定等について説明しました。


1年生代表による決意の表明


2,3年生の役員紹介


4月11日〜12日 一年生フレッシャーズセミナー

 南丹市園部町の「グリーンパルるり渓」で、新1年生フレッシャーズセミナーを実施しました。須知高校生としての自覚を身につけさせることや高校生活の展望を持たせることなどを目的に、盛りだくさんのスケジュールをこなしました。


1組


2組


3組


4月8日 入学式

 平成28年度入学式を挙行しました。京丹波町長様、京丹波町教育委員会教育長様をはじめ多くの来賓の方々に御出席いただき、厳粛な式典を執り行うことができました。
 新入生のみなさん、保護者の皆様、入学おめでとうございます。新入生のみなさんは歴史と伝統を誇る須知高校生としての自覚を持って、それぞれの希望進路実現のために、精一杯頑張りましょう。


校長式辞


入学生宣誓



平成27年度の記事はこちら
あなたは
番目の
訪問者です。
since 2011.5.20

更新情報




須高の所蔵品


須高風景
春









秋





冬


須高の美しい風景をご覧ください

     
Copyright and All Rights Reserved. Shuchi High School 2010