交通アクセス 事務室より PTA・同窓会 サイトマップ リンク
学校案内 学科紹介 学校生活 部活動 進路情報 入学案内
     Topics
教育振興対策交付金制度
本校は、京丹波町から須知高校教育活性化推進協議会を通じて、実用英語技能検定等の「資格取得支援」、学習合宿費等の「明日を支える学びの支援」、並びに学校が指定する「部活動強化支援」として交付金をいただいております。このような制度は京都府内の公立高校では本校だけです。


平成30年度用 学校案内
    クリックしてください。


Future Farmers of Shuchi (FFS)
    クリックしてください。
食品科学科の取組を紹介していきます。
平成29年度は第16号まで発行中です。



須高通信
平成29年度第1号
平成29年度第2号
平成29年度第3号
平成29年度第4号
平成29年度第5号


平成29年度校長挨拶
平成29年度学校経営計画
須知高校いじめ防止基本方針
警報発令下の授業について


東日本大震災復興支援

 本校の生徒会は、震災が起こった3月11日を忘れないために、毎月11日前後に義援金活動を行っています。写真は生徒会役員です。
 
 
創立記念事業実行委員会
クリックしてください


税の作文

 11月28日(火)に税の作文表彰がありました。
1年2組の橋美優香さんが「税金の大切さについて」で京都府租税教育推進連絡協議会賞を受賞、1年3組の原澤美生さんが「私が考える未来の税」で園部税務署長賞を受賞しました。





サイエンスフェスタ

 11月23日(木)に亀岡市教育研究所の主催でガレリアかめおかで「地域ふれあいサイエンスフェスタ2017」が開催されました。本校からは1年3組と2年3組の女子生徒達が「分子模型を作ってみよう」のコーナーで参加協力しました。会場は、自然科学に興味関心をもつ親子連れで賑わっていました。







ロードレース

 天気が危ぶまれましたが、11月22日(水)に校内ロードレースを開催することができました。男子18q、女子15qを基準とするコースに全学年がチャレンジし、大きな怪我もなく、参加者全員が制限時間内に帰着することができました。沿道で声援を送ってくださった皆様ありがとうございました。





全国高校生歴史フォーラム

 奈良大学で第11回全国高校生歴史フォーラム(地歴甲子園)が開催されました。11月18日(土)に全国116の応募からから選ばれた5校によるプレゼンテーションが行なわれ、本校は「日本近代農業教育の先駆け〜ウィードと農牧学校の奮闘」で優秀賞を受賞しました。メンバーは、2年1組東麻衣さん、2年3組鈴木隆之介君、水口皓太君の3名です。翌19日(日)には、奈良大学の教員による奈良市内見学がおこなわれました。普段ではありえない東大寺大仏殿内の台座に上がっての特別拝観など有意義な時間を過ごすことができました





オータムセミナー

 11月18日(土)1,2年生のオータムセミナーで京都市内の島津製作所創業記念資料館と同志社大学を見学しました。ノーベル化学賞受賞者を輩出した京都を代表する企業の歴史を学べる博物館を見学したり、伝統ある大学のキャンパスを訪れたことで、生徒たちは知見を広め、希望進路実現への決意をあらたにしました。





公開授業旬間

 11月6日(月)〜17日(金)に公開授業旬間を行いました。期間中のすべての授業を他の教員に公開して、教員の授業力向上を図ることと他の授業中の生徒の様子を知ることが目的です。写真は2年3組の家庭基礎の様子です。




収穫感謝祭

 11月10日(金)、須知高校の原点を想起させるべき収穫感謝祭が厳粛に挙行されました。授業や実習で原材料となった家畜を供養するだけでなく、農場のすべての生産物に感謝する式典の後、食品科学科の生徒たちが育てた農作物の味をしっかりとかみしめる恒例の昼食会も行われました。








第2学年進路学習

 11月8日(水)6限目に第2学年進路学習を行いました。就職希望者には「高校生キャリアアップ講座」として、地元京丹波町の企業経営者や現場責任者の方から会社概要や製品・技術等に加えて、「高校生の今、やっておくべきこと」を豊かな経験と実践からアドバイスしていただきました。進学希望者には、進路指導部の教員が進学に際しての心構えや、入試制度・必要な手続きについての説明がありました。






理科講演会

 11月6日(月)午後、第3学年生物履修者を対象に、龍谷大学名誉教授の増田啓子氏をお招きして、「温暖化による生物季節現象への影響」と題した講演会を行いました。地球温暖化の進行により生物の季節現象に変化が顕れ始めていることや、楓や桜のような身近な生物を観察し続けることが、地球温暖化問題を解決するきっかけになっていることを教えていただきました。




サツマイモの収穫

 10月30日(月)本校農場で、須知幼稚園の園児を招いて、サツマイモの収穫を行いました。6月上旬に一緒に植えたサツマイモが大きく生育したことに、園児たちは歓声を上げていました。




「森の京都」観光プラン

 10月28日(土)ガレリアかめおかにて、京都府南丹・中丹広域振興局主催の「森の京都」観光プランコンテスト本選が行なわれました。本校からは、2年3組の2チームが出場して、2チームとも優秀賞に輝きました。




農業クラブ全国大会

 10月25日(水)〜26日(木)、岡山県で第68回農業クラブ全国大会が開催されました。本校からは、食品科学科から2年生の東麻衣さんと3年生の中山莉瑚さんが農業鑑定競技会に参加しました。全国の農業系学科で学んでいる高校生との交流で知見を広めることができました。




茶道体験

 京都府立高校の高校生伝統文化事業の一環として、2年生全クラスが茶道体験を行っています。講師の先生から茶道の歴史や理念を聴いてから、実習に取り組みました。慣れない正座に悪戦苦闘した生徒もいましたが、日本の伝統文化の一端に触れることができた時間でした。




オーストラリアの高校生

 10月2日(月)〜6日(金)の日程で、オーストラリアのホークスベリー市などから5名の高校生がやってきました。HRは1年の各クラスに所属しましたが、他学年の授業にも参加するなど、本校生との有意義な交流を行いました。




ホッケー部 京都府選抜大会 男女アベック優勝

 9月24日に行われた京都府高等学校ホッケー選手権大会兼近畿高等学校選抜ホッケー大会京都府予選会で、本校女子ホッケー部は立命館高校と対戦しました。
 前半は、両チームともシュートを決めることができませんでしたが、後半19分に立命館が先取したのを、27分に本校は西野陽(1年)のシュートで同点に追いつきました。その後のSO戦を2対1で制した本校は3年ぶりの京都府選抜大会優勝となり、11月に開催される全国選抜大会の近畿予選に駒を進めることになりました。
 また、男子ホッケー部も京都府選抜大会に優勝しており、15年ぶりのアベック優勝になりました。




稲刈り実習

 食品科学科が恒例の稲刈り実習を行いました。1年生は鎌で稲を刈り稲木に干すという伝統的方法での実習、2年生と3年生は機械を使用しての実習でした。品種はキヌヒカリです。





須高祭(体育の部)

 9月21日に須高祭(体育の部)を実施しました。須高祭は生徒会と実行委員会が中心となって生徒達が自主的に運営しています。今年も生徒・保護者・教職員が参加して大いに盛り上がりました。学年対抗形式で実施していますが、今年は現3年生が3年連続で優勝するという快挙を達成しました。閉会式後にはクラスや学年団で記念写真を撮影しました。


選手宣誓


競技を応援している様子をドローンで撮影しました。



3年生の集合写真


就職激励会

 9月16日から全国一斉に高校生の就職選考が解禁されます。学校紹介で就職する生徒の激励会を実施しました。副校長から家族や教職員など周囲の人々の支えや想いがあることを心にとめおいて、就職選考に臨むようにと講話がありました。




理科講演会 〜フードマイレージって何だろう?〜

 京都府地球温暖化防止推進センター職員の西澤浩美氏を講師にフードマイレージについての講演会を行いました。二酸化炭素排出増加に伴う地球温暖化を防止するために、「地域生産地域消費」の持つ意義について学習しました。




センター試験受験者説明会

 来年1月13日(土)・14日(日)に行われる大学入試センター試験の説明会を行いました。受験教科の事前登録など失敗が許されない手続きについて、受験予定者は真剣な表情で担当教員の説明を聴いていました。






東日本大震災義援金活動

 本校の生徒会は、東日大震災が起こった3月11日を忘れないために、毎月11日とその前後に義援金活動を行っています。




須高祭(文化の部)

 9月6日、7日と須高祭(文化の部)を実施しました。各クラスが工夫を凝らした大型パネルを校門前の銀杏並木に展示し、体育館で演劇を発表しました。また、音楽や美術の授業成果の発表や文化系クラブの展示発表も行われました。演劇部門では、3年2組と3組の2クラスが優勝になりました。


3年2組優勝「THE WINDS OF GOD」


3年3組優勝「浦島太郎〜深海のラブストーリー〜」


3年1組第3位「風を集めて」


パネル3年3組優勝


パネル2年2組第2位


パネル1年3組第3位


恒例の教職員劇「命あっての物種」


第2学期始業式

 8月29日(火)、第2学期始業式を行いました。校長式辞では、「利他の心があれば、必ず成功できる」と、企業経営の例をあげて講話がありました。また、夏休み中に山形県で開催されたインターハイに出場した男子ホッケー部の報告や食品科学科の近畿学校農業クラブ連盟大会に2名が優秀賞を受賞したこと、少人数で頑張っている部活動についての紹介もありました。式後の伝達表彰では、農業クラブ関係がのべ6個人・2団体、全国高等学校総合文化祭吟詠剣詩舞部門文化連盟賞1名、ビジネス文書実務検定試験1級合格者7名、カラーコーディネーター検定3級合格者8名の表彰・報告を行いました。




近畿学校農業クラブ連盟大会 2名が優秀賞を受賞

 8月23日(水)、京都学園大学で第65回近畿学校農業クラブ連盟大会が開催されました。本校からは、7月下旬の京都府大会で最優秀賞を獲得した、食品科学科3年生の西田有希さんの「安全と安心を考える」と横畑惠大君の「ウィードの森が教えてくれたこと」がエントリーして、見事に2名そろって優秀賞に輝きました。




第1回学校説明会

 8月5日(土)、中学校3年生とその保護者を対象に第1回学校説明会(中学生体験セミナー)を実施しました。口丹波地域だけでなく、京都市内からも参加者がありました。午前中には学校説明と授業体験及び本校を卒業した大学生による交流会、午後は高校生と中学生が一緒に部活動を体験しました。学校説明では本校の女子ホッケー部の生徒達が充実した高校生活を送っている様子を紹介しました。




男子ホッケー全国インターハイの結果

 全国インターハイの1回戦、本校は7月29日(土)山形県の川西町総合運動公園ホッケー競技場で13時45分から近畿の強豪校、滋賀県立伊吹高校と対戦しました。
 伊吹高校は2週間前に行われた近畿大会でも準優勝している強豪校。本校はどこまで相手の攻撃をしのぎ、好機を見つけて得点を奪うかが鍵でした。前半は相手の攻撃を1失点でしのいだものの、後半7点を入れられました。ただ、後半25分に山本淳貴君(2年生)がカウンター攻撃で1点を獲得して一矢報い、今後に大きくつながるプレーを見せてくれました。
 遠いところまで応援に来ていただいた、京丹波町の皆様をはじめ関係の方々、誠にありがとうございました。また、地元で応援していただいた方々、賛助会員として御支援いただいた方々には厚くお礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。




義援金を京丹波町役場へ

 須知高校生徒会が京丹波町内の商業施設等で行った九州北部豪雨災害義援金活動で皆さまから頂いた義援金17152円を7月26日(水)に京丹波町役場へ届けました。義援金は京丹波町から九州北部の被災地に届けられます。皆様方の御協力ありがとうございました。




京都府学校農業クラブ連盟大会 意見発表2部門で最優秀賞受賞

 7月25日(火)けいはんなプラザで、第68回京都府学校農業クラブ連盟大会が開催されました。この大会は京都府の農業関係の学科で学んでいる生徒達が年に一度集まって、日頃の研究成果を発表する大会です。本校は意見発表で西田有希さんの「安全と安心を考える」と横畑惠大君の「ウィードの森が教えてくれたこと」が最優秀賞を受賞しました。また服部震君の「10年後の自分」が優秀賞を受賞しました。さらに、プロジェクト発表においても、「ウィードの森再生プロジェクト」と「ウィード先生の時代に思いをはせて」が優秀賞という優れた成績を収めました。




夏期進学講習

 7月21日(金)から夏季進学講習を行っています。3年生は受験の天王山である夏に受験生としての実力アップをはかること、1・2年生は学習習慣を身につけ基礎学力を培うことを目的としています。この後、1・2年生は学習合宿を行います。




生徒会義援金活動

 須知高校生徒会は、「7月5日からの大雨により九州北部の各地で大きな被害が出ているのを知り、私たちにできることがあるに違いない」と考え、学校の生徒だけではなく町の皆さんにも呼びかけ、地元の商業施設で義援金活動を行いました。短時間でしたが、多くの義援金を頂く事ができました。御協力ありがとうございました。早速、関係機関を通じて、被災者の方々にお届けいたします。




第1学期終業式

 7月20日(木)、第1学期終業式を行いました。式後に実用英語技能検定2級合格者と女子ホッケー部近畿大会第3位の伝達表彰を行いました。また、7月末から開催される全国高校総体(インターハイ)に2年連続12回目の出場を果たした男子ホッケー部の壮行会を行いました。監督の西田教諭と主将の梅垣泰次君が力強い決意表明を行いました。大会は山形県で開催されます。皆さまからの熱い応援をお願いします。






志望理由書講習会

 7月12日(水)、外部講師に来ていただいて、3年生を対象に「志望理由書講習会」を実施しました。就職や進学のために、ほとんどの生徒が何らかの形で「志望動機」を書かなければなりません。日常会話で使用する言葉と文章で使用する言葉の違いなど具体的に詳しく説明していただきました。




トウモロコシの収穫

 7月11日(火)に食品科学科1年生がトウモロコシの収穫を行いました。高校に入学して最初に自分達で植えた野菜を収穫する喜びに感激していました。採れたてのトウモロコシを試食したところ、思ったよりも甘いと感じた生徒が多かったようです。




健康学習(性教育)

 学年ごとに健康学習(性教育)を実施しました。1年生は「男女の交際について」、2年生は「性の逸脱行為を防止すること」、3年生は「望まない妊娠や中絶を防ぐこと」をメインとして、外部から専門の講師をお呼びして講演していただきました。相手の立場を思いやる事の大切さが全ての講演に共通していました。




硬式野球部「夏の大会」

 第99回全国高校野球選手権京都大会が行われています。須知高校は大会2日目の7月9日(日)にあやべ球場で東舞鶴高校と対戦しました。3人の投手で継投し健闘しましたが、残念ながら1対5で敗退しました。両チームともきびきびした動きでテンポの良い試合でした。当日は小雨にもかかわらず、多くの皆さまの応援をいただきありがとうございました。





求人票公開

 期末考査最終日の7月7日(金)、就職希望者を対象に求人票を公開しました。進路指導部就職担当者から詳細な説明がされた後、就職希望者は熱心に求人票に見入っていました。




租税教室

 6月30日(金)、1年生普通科の現代社会の授業の一環で園部税務署の署員さんを講師に租税教室を行いました。「税とは、私たちが健康で文化的な生活を送るための会費であり、議会が公正・公平な観点から法律や条例で定めた民主主義を支えるために不可欠なものである。」ということを、具体的に分かりやすく教えていただきました。




パートナースクール事業 第2回

 6月22日(木)、今年度第2回目の中高大パートナースクール事業を行いました。今回は、京都大学大学院生から「里山」についてのミニ講義を受けた後、本校食品科学科の生徒が蒲生野中学校1年生をリードする形で、たけのこピザづくりとチェーンソーを使用した薪づくりを体験しました。中高連携や高大連携はどこの高校でも企画されていますが、本校のような中高大連携は全国でも珍しく、口丹波地域の高校では、須知高校食品科学科だけの取組です。





教育実習生

 6月5日(月)から23日(金)の3週間、須知高校卒業生が教育実習に来ました。今年度は、国語科と保健体育科の2名の大学生が実習を行いました。生徒たちにとっても、年齢の近い実習生から進路選択のアドバイスをもらうなど、実り多い3週間でした。




生物科の水質調査

 3年生の生物の授業で、由良川水系上流の水質調査を行いました。生徒たちは「由良川水系は分水嶺近くの山中なのに、それほどきれいではなかった。」という調査結果から、早急に原因を明らかにして、その改善に取り組む必要があるという結論を得ました。



夢ナビライブに参加

 6月17日(土)のサタデースクールでは、1、2年生の希望者がインテックス大阪で開催された「夢ナビライブ2017」に参加しました。このイベントは、学びたい学問を見つけ、学べる大学と出会うをコンセプトに、高校生が自分にふさわしい大学を選択できるように企画されています。それぞれの生徒が思い思いの講座や説明会に参加していました。




沖縄研修旅行

 国際通りで、お土産などを買い那覇空港へ。那覇空港からANA766便でほぼ定刻通りに離陸します。
16時前に伊丹空港へ到着予定です。
 次回の更新は、月曜日以降の予定です。



沖縄研修旅行

 四日目、研修旅行も最終日となりました。生徒たちはホテルから国際通りへ出発しました。到着後は班別行動を行う予定です。




沖縄研修旅行

 首里城見学の後、沖縄での最後の夜を過ごす那覇市のホテルオーシャンに向かいました。無事に日程を消化し、くつろいで夕食をとりました。



沖縄研修旅行

 嘉数高台公園・京都の塔で平和式典をおこないました。事前学習の「総合的な学習の時間」で折った千羽鶴を供え、平和を祈念して黙祷を捧げました。



沖縄研修旅行

 それぞれの想い出を胸に伊江島に別れを告げて本島に戻り、宜野湾市嘉数高台公園にある京都の塔へ向かいます。昭和20年4月この地の戦いで京都出身の多くの兵士が戦死されました。なお、沖縄戦では、日本軍兵士と民間人、連合軍兵士の合計20万人の方が命を落とされています。今日、6月23日は沖縄慰霊の日です。


伊江島出発前の全員集合写真


沖縄研修旅行

 二日目の生徒達の笑顔が送信されてきました。みんな元気でさまざまな活動に取り組んでいます。



沖縄研修旅行

 伊江島では、各民家に分かれて観光や体験などの活動を行います。下の写真は今晩お世話になる民家の方との記念写真です。








沖縄研修旅行

 二日目は、午前中はグループに分かれて体験活動、午後は美ら海水族館見学。その後、民泊体験のために伊江島へ向かいます。


文化体験の様子


昼食の様子


2年1組、美ら海水族館前で集合写真


沖縄研修旅行

 良い天候のなか、生徒たちは、予定どおり体験活動を行っています。


2年2組 朝、ホテル前で集合写真


バナナボート体験


沖縄研修旅行

 本日6月22日(木)の天候は晴れで日差しが強いという連絡が入りました。全員無事で、二日目の行程に入りました。



沖縄研修旅行

 昨日(6月21日)夕食の様子や沖縄県民謡や踊りを楽しんでいる写真が送信されてきました。








沖縄研修旅行

 那覇空港に到着した後、バスでひめゆり資料館、平和祈念公園、轟ガマを見学し、読谷村のホテルむら咲むらに向かいます。事前学習で学んだ先の大戦の沖縄戦に関する事跡を実際に歩いて確認するという強行軍なのでかなり疲れましたが、しっかりと団体行動が取れました。夕食はバイキングです。


ひめゆり資料館でガイドさんから説明を受ける。


2年3組、平和祈念公園で集合写真


沖縄研修旅行

 6月21日(水)8時30分、あいにくの雨模様でしたが、第2学年69名全員が元気に沖縄研修旅行に出発しました。伊丹空港からANA765便でほぼ定刻通りに那覇空港へ向けて離陸しました。13時過ぎに那覇空港に到着しました。くもりでたいへん蒸し暑いです。


観光バスで須知高校を出発


那覇空港到着


男子ホッケー部インターハイ出場決定

 6月17日(土)、兵庫県篠山市で開催された近畿地区予選会で、本校男子ホッケー部は大阪府立夕陽丘高等学校に1対0の接戦で勝利しインターハイ出場を決めました。前半は0対0で終わりましたが、後半に本校主将の3年梅垣君がペナルティストロークの権利を得て、見事、ゴールを決めました。今年のインターハイは山形県で開催されます。今後とも皆さんの熱い応援をお願いいたします。




味夢の里実演販売

 6月17日(土)、食品科学科の生徒達が、京丹波町道の駅「京丹波味夢の里」でクッキーの製造実演販売を行いました。天候も良く、多くの観光客で賑わっていました。



パートナースクール事業

 6月8日(木)、本校農場作業棟及び学校林ウィードの森で、食品科学科3年生と蒲生野中学1年生と京都大学大学院生で、中高大のパートナースクールを行いました。京都大学大学院生から「竹の秘密」の講義を受けた後、タケノコを教材にした体験学習とウィードの森散策を行いました。竹という身近な植物について様々な知識を得ることができました。




サツマイモの植え付け

 6月6日(火)、農場でサツマイモの植え付けを行いました。日頃の学習成果を地元に還元する取組の一環として、須知幼稚園の子どもたちに食品科学科3年生が植え付け指導を行いました。園児たちの元気な声のなかで、和やかな交流を行うことができました。




京丹波町議会で報告

 6月6日(火)午後、地元の京丹波町議会で須知高校の生徒が報告を行いました。昨年11月の京都新聞紙上で紹介された観光プランや食品科学科の報告に加え、京丹波町の須知高校教育活性化推進協議会の英検受験料交付制度を活用して、2級に合格した生徒の将来の夢(教師になって地元の京丹波町に貢献したい)が発表されるなど、須知高校の現状が具体的に報告されました。


画像は一部加工しています。


小麦の収穫

 6月6日(火)、3年1組食品科学科の生徒たちが授業で、小麦の収穫を行いました。最初は戸惑ったものの、最終的には刈り取り機をうまく使いこなすことができました。須知高校特製のパンを焼く予定です。




理科講演会

 6月5日(月)、「3Rの取組を通した循環型社会への挑戦」と題して理科講演会を行いました。3Rとは、Reduce(減らす)、Reuse(再生する)、Recycle(再利用する)を意味します。3年生物選択者を対象に、本校卒業生で産業排出物処理業を営んでおられる金本学氏を講師にお招きし、講演+工場見学形式で行いました。限られた地球資源を、環境に負荷をかけずに使用する事の大切さを学びました。



京都丹波高校合同説明会

 6月4日(日)、亀岡市のガレリアかめおかにて、Let'sふれあい京都丹波高校合同説明会が実施されました。それぞれの高校が工夫を凝らした説明を行っていました。本校は生徒が中心となった形式で、生徒が中学生や保護者の方に説明を行い、好評を博していました。



台湾から高校生が来校

 台湾台南市にある国立曽文高級農工職業学校の生徒達が研修の一環として本校に来校しました。中国語の堪能な本校食品科学科3年生の生徒が通訳をかって出るなど交流を温めました。




田植え実習

 食品科学科が恒例の田植実習を行いました。最近では機械による田植えが一般的ですが、本校では、手植えによる田植えにも取り組んでいます。ほとんどの生徒は機械による田植えを見たことはありますが、初めて裸足で田んぼに入って田植えを体験した生徒がほとんどでした。



バスケットボール部

 連休中にバスケットボール部のインターハイ予選がありました。5月3日は南丹高校で男子が東宇治高校と対戦、5月4日は宇治市の山城総合運動公園で女子が京都廣学館高校と対戦しました。3年生にとっては最後の公式戦でした。両チームとも上位に残る事はできませんでしたが、精一杯頑張りました。




殿田中学校の生徒来校

 5月2日(火)、南丹市立殿田中学校の3年生がキャリア学習の一環として須知高校に来校しました。中学生達は授業や食品科学科の設備をメモを取りながら熱心に見学していました。後日今日の見学をまとめて、総合的な学習の時間で発表会を行うそうです。



球技大会

 5月1日(月)、新入生歓迎の球技大会を行いました。今年は、バレーボール、バドミントン、卓球、バスケットボールの4種目を2つの体育館と武道場の3か所に分かれて行いました。学年やクラスの仲間意識を高め、生徒間の交流を深めることができました。



就職対策講座

 放課後、定期的に3年生の就職希望者を対象に就職対策講座を開いています。今回は、外部から講師をお招きして、就職の心構えや面接時の礼の仕方などについて実習形式で具体的に学びました。




花と緑のフェスティバル

 ”花と緑の街づくり”へとつなげる緑化推進運動の一環として、毎年亀岡市のガレリアかめおかで開催されている「花と緑のフェスティバルに、今年も食品科学科が参加しました。特製のアイスクリーム、クッキーやソーセージ等が人気を博していました。




サタデースクール開講式

 今年度も難関大学進学希望者を対象にサタデースクールが開講されます。4月15日の開講式では、校長による講話があり、その後、学年ごとに問題演習等に取り組みました。




農業クラブ入会式

 4月13日に、食品科学科1年生の生徒が農業クラブに入会しました。農業クラブは全国の農業学科で学ぶ高校生全員が加入している組織です。入会式では全員で農業クラブの「FFJのうた」を斉唱し、2,3年生の役員が農業クラブの活動内容や農業検定等について説明しました。






平成29年度入学式

 4月10日に平成29年度入学式を挙行しました。京丹波町町長様をはじめ多くの来賓の方々の出席をいただき厳粛かつ盛大に執り行うことができました。ご出席いただいた皆様方ありがとうございました。
 
新入生のみなさん、保護者の皆様、入学おめでとうございます。新入生のみなさんは歴史と伝統を誇る須知高校生としての自覚を持って、それぞれの希望進路実現のために精一杯頑張りましょう。須知高校の教職員は全力で生徒達をバックアップします。


校長式辞


入学生代表の宣誓


平成28年度の記事はこちら
あなたは
番目の
訪問者です。
since 2011.5.20

更新情報



卒業生進路
   クリックしてください


須高の所蔵品
クリックしてください。


須高風景
春









秋





冬


須高の美しい風景をご覧ください



     
Copyright and All Rights Reserved. Shuchi High School 2010