京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

Stanford e-Japan (SPICE)

Stanford e-Japan (SPICE)

Stanford e- Japan Program Spring 2017 修了証授与式、Honorable Mention授与式を行いました。

 本校2年生の東さくらさん、梅澤凌我くんが、Stanford e-Japan Program Spring2017を修了しました。
 Stanford e-Japan Programとは、アメリカのスタンフォード大学が日本の優秀な高校生を対象にオンラインの集中講座を提供するプログラムです。東さん、梅澤君は、英語で講義を受けるだけでなく、教授や他の受講者と英語でディスカッションをして、様々な多くの課題に取り組み、論文を提出、さらに論文内容を英語で発表することですべての要件を満たしたため、修了が認められました。
 梅澤君が提出した論文 Three Lessons Japan Should Learn from the U.S. College Admissions System は、Honorable Mentionを受賞しました。

Stanford e-Japan 2017 Spring 研究発表を行いました

 米国スタンフォード大学が日本の高校生を対象に開講するオンラインコース、The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education (SPICE)の2017年度春学期受講生2人が、それぞれ作成した研究論文に基づき、研究発表を行いました。
 東さくらさんは『さぁ日本、今こそアメリカを見習うとき~アメリカの多様な社会に隠れた、発展のヒケツ~』というタイトルで日米の社会について、梅澤凌我君は “Three Lessons Japan Should Learn from the U.S. College Admissions System”というタイトルで、日米の大学入試制度や大学制度について発表しました。発表の後、日本語と英語で質疑応答をし、発表者、参加者ともに理解を深めました。

Stanford e-Japan 2017 Spring キックオフ

 米国スタンフォード大学が日本の高校生を対象に開講するオンラインコース、The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education (SPICE)が始まりました。講義を受けたり、アメリカの高校生とディスカッションをしたり、様々な活動が始まります。

Stanford e-Japan 2017 Spring に合格

 米国スタンフォード大学が日本の高校生を対象に開講するオンラインコース、The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education (SPICE)の2017年度春学期に、1年 東さくらさん、1年 梅澤凌我君が合格しました。2月から受講が始まります。日本中から選抜された20数名の高校生とともに、社会や文化、国際関係について、オンラインの講義やディスカッションを通して学び、研究論文を書き、発表します。活動はすべて英語で行われます。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.