行事予定  警報等の対応について  学校経営計画  学校評価アンケート

在校生への連絡

気象に関する警報・特別警報について


暴風警報、特別警報または避難指示等が発表された場合、以下のように対応します。

1 特別警報

午前8時40分までに、京都府南部(京都・亀岡または南丹)に各種の特別警報が発表されているときは、休校とする。

※ 特別警報が解除され、いずれかの警報に切り替わった場合でも、休校とし、生徒は自宅待機とする。

2 学校所在地における避難勧告・指示

午前8時40分までに、亀岡市馬路町に避難勧告・避難指示が発令された場合は、休校とする。

3 暴風警報

午前6時50分の時点で、京都府南部(京都・亀岡または南丹)に暴風警報が発表されているとき、生徒は自宅待機とする。午前11時までに解除された場合、以下の表のとおりに授業を開始する。

警報解除時間

授業開始時間

  8:30までの解除

3限より開始(午前1040分)

 11:00までの解除

5限より開始(午後1140分)

 11:00時点で発表中

休校とする

<注意事項>

1 当日、学校からの連絡はありません。また、学校への電話は回線が混雑してかかりにくくなるため、各自でテレビ、インターネット等の気象情報を確認して判断するようにしなさい。

2 特別警報はすべての特別警報が自宅待機(休校)の対象となりますが、警報は「暴風警報」のみで、大雨警報や洪水警報は対象になりません。

3 登校後に暴風警報・特別警報が発表された場合は、状況に応じて、緊急下校・学校待機などの措置を取ります。(別途指示します。)

4 大雨、洪水等の可能性のある場合の登下校に際しては、次の点について注意すること。

(1)増水した河川には絶対に近づかないこと

(2)増水した道路側溝等に十分注意すること

(3)土砂崩れ箇所、冠水道路等を避け登下校すること