入試情報
南丹高校の令和2年度入学者選抜について

南丹高校の入学者選抜、いわゆる高校入試は京都府教育委員会発行の「京都府公立高等学校入学者選抜要項」等にもとづいて実施されます。詳細はそちらをご参照いただきますようお願いいたします。 参考リンク先 京都府教育委員会 高校教育課高校入試情報


<令和2年度入学者選抜の概要>
本校は前期選抜と中期選抜の2種類を実施します。
  令和2年度入学者の募集定員は170名です。
このうち、前期選抜では119人(定員の70%)を募集します。


志願できる区域は京都府全域です。
京都府内であれば、通学圏や市町村による人数制限はありません。

  前期選抜の方式は3種類(A方式1型、A方式2型、B方式)あります。
A方式1型は75人、A方式2型17人、B方式27人のあわせて119人の募集となります。

A方式1型は前期選抜の一般的な募集です。

A方式2型はテクニカル工学系列の科目を3年間選択する生徒を募集します。

B方式は指定の部活動において実績があり、高校で3年間活動する生徒を募集します。



前期選抜の方式と、検査項目及び配点は以下の表のようになります。
・共通学力検査は府全体で共通の検査で各科目50分で50点満点です。
・報告書は中学校3年間の成績です。
・活動実績報告書は中学校における部活動等の活動実績を記したものです。
  <前期選抜要項>
PDFファイルで掲載します
(下記の要項の縮小版をクリックするとPDFファイルが開きます)
 A方式1型  A方式2型 B方式 
  中期選抜について

項目と配点は以下のとおりです。
 
   中期選抜の願書の志望校の欄には第1志望と第2志望があり、第1志望にはさらに第1順位と第2順位があります。

南丹高校を第2志望に記入することもできますが、第2志望が生かされるのは、原則第1志望優先での合格者を決めた後、なお欠員がある場合です。

なお、選抜方法の詳細は「京都府公立高等学校入学者選抜要項」(→高校教育課高校入試)をごらんください。